HOME

人とみどりをつなげるモノとコト

春のイベント終了

昨日までのグリュック雑貨マーケットにお越しいただいた皆さま、関係者の皆さま、沢山のお買い上げと楽しい思い出をありがとうございました。

普段と違い、賑やかな場所で懐かしいお顔に会えるとホッとします。

次回のイベント出店は、6月25日(月)から3日間開催のグリュック雑貨マーケットVol.17。次回もお会いできることを楽しみにしています。

【momijiとしてのイベント出店は今年の夏で最後となります】

テラリウムや盆栽などに

来週からのチカホ「グリュック雑貨マーケット」には小さなフィギュアを持っていきます。

苔を使ったジオラマを「コケラマ」と勝手に呼んだりしていましたが、苔や植物をつかった小さな情景づくりにとても効果的なフィギュアです。

これまでお問合せいただいた方には細々と販売もしていましたが、在庫はもうこれで最後。残り50体もありません。

約1/100サイズで成人男性モデルの身長は1.8mmほど。塗装にやや雑な部分もありますのでご了承ください。

グッとくつ配置のしかたや目立たず効果的な固定方法など、チカホでお気軽にお問いあわせください。

1体100円(税込)

イベント参加

来週4月9日(月)と10日(火)は札幌駅前チカホのグリュック雑貨マーケットに出店いたします。今回も賑やかで楽しいですよ。

イベントの詳細は以下のグリュック雑貨マーケット公式HPをご覧ください。

www.gluckzakkamarket.com/

写真の奥、高さ約40㎝で厚み約1㎝、テラコッタみたいな風合いでどっしりとした合成樹脂製細長の完全防水ポット3,240円は、花屋さんが使う業務用花桶としてはもちろん、鉢カバーや傘立てなどインテリア使いにもおすすめです。

ノラ・ジョーンズも愛用するエレクトリックピアノの名器ウーリッツアーっぽい見た目に惹かれて仕入れた真っ赤なペンケースは1,188円です。

食器やカゴやガーデニンググッズ・ツールも含め、イベントは少量多種で持っていきますので「!」と思った方はどうぞお早めに。

春のご注意

事務所近くにある街路樹の根元にスイセンが芽を出していました。誰かが球根を植えていたんですね。

春を察知した植物は根から活動をはじめます。去年のうちに根へ蓄えていた栄養を使って芽が吹き、光合成がはじまると植物はたくさんの水分を必要とします。

近くに雪解けの水があればいいのですが、早くから除雪されていたり、日当たりのいい箇所の表土は特に乾燥しがちです。「まだ寒いから」とか「まだ青々していないから」と水やりをしないでいると、去年植えたばかりで根が地中深くまで潜っていないような植物は水不足に陥ってしまいます。特に常緑のコニファー類は早くから多くの水分を必要としますので乾燥にはご注意を。

いよいよ北海道のガーデニングがはじまりますね。

春一番のガーデニングでまず大切なことは、お庭の巡回です。植物の小さな訴えを見落とさないようにしっかり観察しましょう。

連載のお知らせ

328日(水)付の北海道新聞夕刊「おばんでした」から1年間、ベランダ菜園についてのコラムを連載させていただくことになりました。

ベランダ菜園については多くの方が様々なアプローチで紹介されていますが、私としては「難しく考えないで楽しみましょう」というスタンスで、植物や園芸に興味を持っていただけるキッカケにでもなれたらと思っています。

北海道のベランダ環境や材料・植物の選び方、肥料、虫との関わり、シンプルで落ち着いたベランダ菜園の演出方法、秋には何するの、冬の話などなど、園芸家や造園家だけじゃなく、道具屋や雑貨屋としての視点も織り交ぜながら書いていけたらと考えています。

北海道新聞夕刊「おばんでした」は毎週月曜から金曜まで、暮らしに役立つ様々なレシピを紹介されています。私が担当させていただくのは毎月第4水曜日。1年間、どうぞよろしくお願いいたします。

お久しぶりです

ここをご覧の方がまだいらっしゃるのかどうか分かりませんが、こんにちは。私はとても元気です。

あれをやりましょうこれもやっておきましょうと思っているうちに何ヶ月か経ってしまいましたが、現在、最も力を注いでいる商品開発の途中報告をすることで「頑張っていますよ」アピールをしておこうと思いました。

その前に、「どうやらmomijiは工房になり、あの店主は作家になるらしい」という噂があるという噂を聞きましたが、工房になりませんし私が作家になれる訳がないので何卒よろしくお願いいたします。

まず目指しているのは、プロダクト品の開発で、その第一弾が「ツールポーチのようなもの」です。

その一部は金型を使った量産品になるため、試作やテストが慎重になっていますが、4年ほど前のアイデアがやっとプロトタイプになり、これから実用新案などの申請をしつつ、資金繰りを模索したり、無駄を省いたデザインにいくつかの無駄を付加したり、金型作成や製造委託先を探したり、流通・販路などの道づくり、営業などをしながら企業としての体制を整えていきます。

とはいっても、センスも知識もないので一人じゃ何もできないのですが、デザインやブランディングも含め、またも色々な方のお力を借りて進んでいければなと思っています。

第一弾、まだその形を発表するには至りませんが、単に道具を身に付けるだけのツールポーチではなく、時には植物を生けたり、キッチンやデスクの上で活躍したり、ガーデナーも花屋さんも看護師さんも子どもも学生も誰でも使えるような創造的で汎用性のあるモノを目指しています。

仕事おさめ

いつもどおり、あっという間にお正月を迎えようとしています。

今年は変化の年でしたが、多くの方々からとても良くしていただき、大きな大きな力をいただきました。
お世話になった皆さまに心より感謝申し上げます。

次のステップでは、植物と人の双方に役立つモノや仕組みなどをつくっていきますが、私の役割はこれまでどおり、生産農家さんや花屋さん、植木屋さんや庭師さん、園芸家、ガーデナー、ランドスケープデザイナーといった方々と同じように人と植物をつなぐ橋渡し役であり、これからも植物が傍にある暮らしの楽しさ、みどりある風景の素晴らしさを私なりのアプローチで紹介してまいります。

しばらくのあいだ、モミジの種は落ち葉の下あたり(ここを落葉層・O層位といいます)に潜るため、世間に露出することはあまりないと思いますが、頑張ってきっと芽吹きますので今後とも応援いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

ご親切な方からいただいたボケの花とブプレリウムという1年草の鮮やかなグリーンがガランとした事務所を彩ってくれています。

またいつかどこかで再会しましょう。
どうぞ良いお年を!

momiji 武藤良幸

12月のいろいろ

もう12月の中旬ですね。うっかりしていました。

12月の参加イベントのお知らせです。

カナリヤ クリスマスマーケット

期日 2017年12月23日(土)24日(日)25日(月)

時間 23日(土)11:30~19:00

   24日(日)10:00~19:00

   25日(月)10:00~18:00

場所 札幌駅前通地下歩行空間 北3条交差点広場(西)

チカホで開催される3日間限定の雑貨マーケット。詳しくは添付のフライヤーをご覧ください。

そして新しい事務所の引っ越し、ボチボチと落ち着きはじめています。

ここのHPもちゃんと更新しないといけないのですが、まずはここでお知らせ。

静かで日当たりのいい小さな部屋を事務所として借りることができました。

〒001-0022 札幌市北区北22条西9丁目2-19-107

ショップではなく、ただの事務所なので看板を出していませんが、重たいブルーの鉄の扉にmomijiマークの小さな木片を張り付けています。ここを拠点にまずは目先のことからひとつづつ片づけていくようにはじめていきます。

寒いですね。風邪などひかれませんようにご注意ください。

それでは今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

11月のイベントについて

お久しぶりです、こんにちは。

店を閉めて数週間。景色も私もあまり変わっていませんが、やはり寒くなってきましたね。

新しい事務所は、札幌市北区にある北海道大学の近くにある小さな部屋に決まりそうです。これから本契約をして、12月上旬には落ち着くことができるかなと思っています。

その前にステキなイベントのお知らせです。

momijiも出店させていただきますので、チカホでお会いしましょう!

グリュック雑貨マーケット Vol.15

期日 2017年11月20日(月)・21日(火)・22日(水)

時間 11:30-19:00(最終日は18時まで)

場所 札幌駅前地下歩行空間 北3条交差点広場【西】

詳しくは以下公式HP、FBをご覧ください。

http://www.gluckzakkamarket.com/

https://ja-jp.facebook.com/gluckzakkamarket/

大変お世話になりました

本日をもちまして、店舗の営業を無事に終えることができました。

ここまで来れましたのも応援いただいた皆さまのおかげ、心より感謝申し上げます。この店を通して多くの方々からいただいたパワーを糧にこれからも頑張ります!

本当にありがとうございました。

次の拠点は事務所という形になりますが、移転先が決まり次第、当HPにてお知らせいたします。たまにブログも更新しますので、思い出していただいた時にでもご覧いただけると幸いです(HP自体はURLもレイアウトも含めて変更の予定がございません)

そして次、この小鳥の巣のようなテナントに入られるのは、「とりきち横丁」さんです。

ショップとしてのOPENはもう少し先になるようですが、テナント内で様々なイベントを企画していらっしゃるようで楽しみです。こちらもどうぞご期待ください。

それでは皆さま、お元気で!!