momiji|雑貨・ガーデニングツール ・ 園芸用品 モミジ 

momijiは札幌のミニ大通で世界中のセレクト雑貨とフローリストツールとガーデニング用品を取り扱うショップです。

TEL/FAX 011-215-0075

〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西13丁目1-27 ナムズビル2F

tools and goods

イギリスのバケツ

イギリスTildenet社の3ガロン(13.64リットル)ガーデンバケツです。

どうせ屋外で使うバケツなんだしさというナゲヤリっぽい潔さが感じられまして、つくりが粗い部分もありますが、水や土や石など重たいものを入れて運ぶという前提でつくられていますので、丈夫で軽くて柔らかめで、時にガーデナーは庭を徘徊する際のハンドバッグとしても使います。ハンドルの付け方がしっかりしていまして、水を溜めてブンブン振り回して大丈夫そうなところもガーデナーにウケているような気がしています。

バケツにタップリの水と思い入れを注ぐ当店としまして、様々な国の様々な素材のバケツを取り扱ってきましたが、実は理想のバケツにまだ出会えていません。相当な資金がいりそうですが、水面下でオリジナルバケツの設計に着手していまして、いつか世界に出せれないかなーと考えています。

2,160円

ポット入荷

ぼちぼち昼間の気温とともに売行きも上昇していまして、お客様と春型の高気圧に御礼申し上げます。

そして春らしいカリフォルニアEcoformsのポットが入荷しました。ご希望のサイズやカラーなどをお探しだった方、春なのでお急ぎになったほうがいいかもしれません。

少量パックですが、店主なりに「これはいい」と思う国産の素晴らしい土も取り扱っていますのでセットでどうぞ。

オリーブの板

今年も北アフリカのチュニジアからオリーブの板が届きました。チュニジア特産のオリーブの木の剪定枝や枯れて伐採した幹をチュニジア国内で加工しています。ハンドメイドなので木目やサイズがひとつひとつ異なりますが、見ても手にとってもうっとりする程に味わいある木材です。

オリーブ材の特長は、硬くて丈夫で木目が美しく、昔から食器などに使われてきました。当店ではディスプレイ台や花台として売っていますが、食検済なのでカッティングボードなど食器としてのご利用可能です、というよりそれでしか売れていないようです。

木目も形も厚みも微妙に違っていて、細かいクラックや樹皮のめくれなど個体差もありますが、切り出した木材を研磨しただけのプレーンな板なのでご了承ください。

尚、天然の木材なので、使用するうちに湿気や乾燥による本体の反りやひび割れが生じる場合があります。 定期的に市販のオリーブオイルなどの食用油を塗布することで、木の乾燥を防ぐことができます。食洗機不可。

頻繁に入荷しない商品です。既に結構な数が売れてしまいましたので、お好みの個体をじっくり選びたい方はお早めにご来店ください。

大よそのサイズ:W30-36cm×D12-15cm×厚み1-2cm

1,944

ご利用ありがとうございます

よちよち歩きのオンラインショップ、はじめてよかったなと思っています。

お互い顔は見えませんが、メールやお電話やお手紙のやり取りで全国に友人ができているかのような錯覚に陥っていて、店主も楽しみながら運営させていただいています。

ご要望いただいたメルマガについて調べてみると、どうやらご利用いただいた方には配信可能なようで、その内にお礼を兼ねた「モミジたそがれジャーナル」を煩わしくない頻度で配信できるように頑張ります。

尚、オンラインショップでは、まとまりなく商品を羅列しているだけで、あまり多数を掲載するとご覧になりにくいかなと思って出品数を控えていますが、「サイト上にはないけどこんなもの探しています」というご相談にも在庫と送料の折り合いが付けば対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

momijiONLINE SHOP

ログホルダー

オンラインショップについてのお知らせ

当ブログで先日紹介しましたプレオープンについて、少なかったのですが用意していた商品が売り切れになりましたので専用パスワードの受付を終了します。ご利用いただいた皆さま、ありがとうございました。本オープンについては来年1月10日を予定して準備させていただきいます。

オンラインショップへのご申請ありがとうございます。お返事にも書きましたプレオープン企画は改めてメールでお知らせしますので、もうちょっとだけお待ちください。

また、お問い合わせが多いシザーポーチやシザーケース、ガーデンポーチは先行して在庫処分品のみを販売する予定で、現在開発中のオリジナル品は量産体制が整い次第となります。

会員制オンラインショップご利用希望の方はパスワードを発行しますので、当HPお問い合わせ欄から「パスワード希望」とメッセージをお送りください。

さて、1年中販売していますアイアンのログ(薪)ホルダー。この季節は暖炉の横にあるとカッコいいですよねー、と暖炉を持っていないので憧れながら販売しています。ガーデントラッグやマガジンホルダーとしてもご購入いただく方がいらっしゃいますが、おそらく現在の在庫で取扱い終了です。12月末までSALE対象で4,320円。

森とアルプス

momijiっててっきりガーデン雑貨の店だと思っていました、という言葉を今もよく聞きます。

残念ながら当店には妖精の置物とか、傾いた壺を持ったどなたか知らないブロンズ像や、背もたれにツルバラがへばり付いたベンチなど、いわゆる「ガーデン雑貨」といわれるものは売っていません。これはまさに広告宣伝の失敗。いえ、そもそも宣伝していなかった報いですな、と少しだけ反省するフリをしています。

そんなこの店では今、森とアルプスモチーフのキッチンクロスが人気です。

張りのあるコットン100%で引っ掛けタグ付き、インド製造の35㎝×70㎝。じゃぶじゃぶ洗濯してクタクタに使うのもいいですし、タペストリーのように吊るされていてもクール。

プレゼントにご購入いただく方もいらっしゃいますのであえて価格は出しませんが、これもかなりのお買い得+SALEで更に割引中です。

WINTER SALE・Xmas SALE

冬のセールをはじめています。

多少残っている珍しいクリスマスグッズや殆ど紹介できていない最新入荷品や定番品、そして半額程度で販売している処分品やアウトレットもそのままの価格から割引きしていますのでどうぞご利用ください。

5,000円未満のお買い上げで10OFF

5,000円以上のお買い上げで20OFF

10,000円以上のお買い上げで30OFF

(在庫品のみ。委託販売品と書籍はSALE対象外となります)

それから、欠品だったインド製アイアンバスケットをご希望されていたT様、やっと入荷しましたので、もしまだご入り用でしたらご連絡ください。今月いっぱい取り置きしておきます。今回もいい品質です1,200円(税込)。

06dec2016-winter

火曜は入荷の日

手乗りブルです。鉄製(鋳物)でずっしり重く、文鎮やファブリックウェイトとしていい仕事をしてくれます。1,080円

dscn7332

ほら、makomoさんの絵本「かる太」のページをホールドするのにピッタリ。

dscn7334

2017カレンダー

今年もいい表情をしたエゾリスのカレンダーが入荷しました。

近所のプロカメラマン久保ヒデキさんが札幌近郊で撮影された作品です。遠方の方はネット販売もされていますので是非ご利用ください。

フォトリーナONLINE SHOP
https://photoreena.easy-myshop.jp/sns/c-item-list?sns=1

 

根切り

札幌はカラカラに寒い日です。庭の冬支度を終えて窓の内側からニヤっとしているガーデナーのみなさま、今年もお疲れさまでした。

ところで、シーズンの苦労をともにしたガーデンツールのお手入れはもうお済みでしょうか。

ジョーロやホースは水抜きをして、ハサミやノコギリのような刃物は専用クリーナーもしくはアルコールティッシュでもいいですから、付着した植物のヤニをしっかりと落として機械油や椿油のような乾いてもベタつかない油を塗ってサビ止めします。ショベルやフォークなどの掘る道具は水とブラシで汚れを落として乾燥させたらハサミと同じ油でもいいですし、好きな色のペンキやカラースプレーで鉄部に被膜を張ってあげるのもお勧めです。

中には酷使したショベルの先端をヤスリやグラインダーで鋭利に砥いで来年に備えるという方もいらっしゃいます。かつて私もその一人だったのですが、ショベルは基本的に掘る道具であり、鋭利にすればするほど衝撃や負荷で先端が欠けたり曲がっていきますし、研げば研ぐほど土をすくうコテ面が小さくなっていきます。

この店では、焼入れして堅く作られたショベルやエンピや根切りバールなども含めて、あまり鋭利に砥がないことをお勧めしています。足や埋設線管を簡単にザックリ!ということもありそうで危ないですからね。

通常、剪定ばさみは20度程度の角度で刃先が砥がれていて(刃付け角度)、和包丁の場合は1015度程度と聞いたことがあり、刃付け角度が小さいほど切りやすいのですが、やっぱり刃先が鋭い(薄い)ほど強度が弱くなります。そこで土に挿す道具を砥ぐ場合の刃付け角度は4560度を目安に研がれるといいと思います。【添付画像はオランダSneeboer(スネーブール)社の根切り(ルートカッター)で、刃付け角度は目視ですが約45度】

ですがこういった専門の道具でも所詮は根を「切る」というより「断つ」イメージに近い物であり、切り口はザックリしています。

伐根であればそんな切り口でも構いませんが、掘り取りをするならササクレた切り口をハサミやノコギリでキレイに切りなおしする必要があります。切り口からの腐朽をできるだけ予防したり、発根を促進するためにもせめて鉛筆以上の太さがある根は粗切りした後にハサミやノコギリで切りなおしてあげましょう。トップジンMなどの癒合剤やルートン、レンテミンのような発根促進剤を使用する場合も切り口が滑らかな方がより効果的です。

root-cutter