シールはがし

もう秋ですね。皆さま、お元気でしょうか。私の方はとても元気、今はmomijiとして発売する商品のデザインを外国に登録するための準備を進めています。

それとは関係なく、今日は、たまにご相談をいただく「シールはがし」について、私なりの方法をお知らせします。

メーカーのロゴや品質表示が印刷されたシールが上手くはがれない、はがしても糊でベタベタするというようなことってありますね。日本のメーカーが使っているシールはベタベタしないものが多いようですが、輸入品に貼られたシールの中には、そうじゃないものが多いようです。

市販のシールはがし剤やドライヤーの熱を使ってベタベタを取ろうとするのは面倒だし大変、という声も聞きます。そういう面倒で大変なシールが接着されたガーデニングツールをたくさん販売してきた私は、実は次のようなことをしています。


ブラシの木製の甲にバーコードが印刷されたシールが貼られています。

シールを剥がすと糊が残り、ベタベタしています。
そこで私が使っているのは「レモンオイル」という液体です。ギターなど弦楽器を販売する楽器店で安い物だと600円程度で販売されています。ギターやベースやウクレレの指板といった人の手が頻繁に触れる木部の汚れを取るためのオイルです。
布やキッチンペーパーに2~3滴しみ込ませて、
軽くゴシゴシとふき取ります。
糊が取れてベタベタしなくなりました。オイルを浸して放置したり、北海道の人でしたら「うるかす」必要がありません。ささっとふき取るだけで、大抵のベタベタはきれいにふき取れます。
このオイル、いつも数滴しか使わないので全然減らず、容量50cc程度を消費するのに数年かかるほどコスパも良いです。
以上、ご参考まででした。
糊だけじゃなく、テーブルなどに付いたソースやインクなどの油分汚れにもこのレモンオイルは効果絶大ですが、塗装や金属の保護被膜に悪い影響を及ぼす場合があるため、貴重品など大切なものにはおすすめできません。また、私の場合は素手で使っていますが、肌の弱い方はビニール手袋などをお使いください。
以前、柑橘系の果汁でも効果があると聞いて試したことがありますが、このレモンオイルほどの即効性はなかったように思います。

土曜の夜の御礼

いつものように写真を撮り忘れてしまうほど楽しかったCAVE STOREさんの「夜のマーケット」、大盛況で終了しました。

CAVE STOREさんをはじめ、仲良しの出店者さんたち、そして雨の中をお越しいただいた皆さま、楽しい夜をありがとうございました。鳩ともども御礼申し上げます。

さて、遅くなりましたがmomijiオンラインショップを再開しています。商品開発のための現在の貴重な資金源、時間を見て少しずつ充実させていきますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

momijiオンラインショップ

2月のモミジ

昨夜2月21日の地震は札幌市内も大きく揺れました。

みなさま、ご無事でしたでしょうか。私の方は特に影響もなく朝を迎えました。まだ余震の心配もありますが、何事もありませんように。

2月も後半ですが、今のmomijiの動きをお知らせします。

ようやく会社設立の準備が整いまして、3月にmomijiの名前のまま個人事業から合同会社に変ります。

合同会社を聞き慣れない方も多いと思いますが、株式会社と同じような会社の種類・形態です。合同とはいうものの、誰かと合同でmomijiを経営するとかではなく、しばらくは私ひとりだけの会社です。知名度はまだ低い合同会社ですが、設立も運営もシンプルで、未だ苗木のmomijiにはピッタリだと思ったのと、アップルジャパンや西友など大企業も合同会社の形態だと気づいて「なんだか安心!」と思ったのも事実です。ただし、株式会社と違って合同会社には「代表取締役」という人はおらず、会社の代表者は「代表社員」という少し柔らかめの肩書になります。

この春より会社として歩き出しますが、今後ともmomijiをどうぞよろしくお願い申し上げます。

追伸:4月30日にチカホのイベントへ出店します。詳細は後日。

コラムの書きかた

ご挨拶が遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年春から寄稿している北海道新聞夕刊コラム「らく楽ベランダ菜園」は、来月分の原稿を提出し、書けるのはあと1回となりました。

毎回、伝えることの下手さを痛感しながらも植物や園芸に想像を巡らせたり、文献を引くことがとても楽しい時間です。たまに煮詰まると近所のスーパーの野菜売り場でアイデアを練ることもあったのですが、その移動ですら軽くスキップ気味になるほどエキサイティングな経験をさせていただきました。

これからも園芸や植物や庭などに関係するコラムなど喜んでお引き受けしますので、お気軽にご相談ください。

テラリウムや盆栽などに

来週からのチカホ「グリュック雑貨マーケット」には小さなフィギュアを持っていきます。

苔を使ったジオラマを「コケラマ」と勝手に呼んだりしていましたが、苔や植物をつかった小さな情景づくりにとても効果的なフィギュアです。

これまでお問合せいただいた方には細々と販売もしていましたが、在庫はもうこれで最後。残り50体もありません。

約1/100サイズで成人男性モデルの身長は1.8mmほど。塗装にやや雑な部分もありますのでご了承ください。

グッとくつ配置のしかたや目立たず効果的な固定方法など、チカホでお気軽にお問いあわせください。

1体100円(税込)

お久しぶりです

ここをご覧の方がまだいらっしゃるのかどうか分かりませんが、こんにちは。私はとても元気です。

あれをやりましょうこれもやっておきましょうと思っているうちに何ヶ月か経ってしまいましたが、現在、最も力を注いでいる商品開発の途中報告をすることで「頑張っていますよ」アピールをしておこうと思いました。

その前に、「どうやらmomijiは工房になり、あの店主は作家になるらしい」という噂があるという噂を聞きましたが、工房になりませんし私が作家になれる訳がないので何卒よろしくお願いいたします。

まず目指しているのは、プロダクト品の開発で、その第一弾が「ツールポーチのようなもの」です。

その一部は金型を使った量産品になるため、試作やテストが慎重になっていますが、4年ほど前のアイデアがやっとプロトタイプになり、これから実用新案などの申請をしつつ、資金繰りを模索したり、無駄を省いたデザインにいくつかの無駄を付加したり、金型作成や製造委託先を探したり、流通・販路などの道づくり、営業などをしながら企業としての体制を整えていきます。

とはいっても、センスも知識もないので一人じゃ何もできないのですが、デザインやブランディングも含め、またも色々な方のお力を借りて進んでいければなと思っています。

第一弾、まだその形を発表するには至りませんが、単に道具を身に付けるだけのツールポーチではなく、時には植物を生けたり、キッチンやデスクの上で活躍したり、ガーデナーも花屋さんも看護師さんも子どもも学生も誰でも使えるような創造的で汎用性のあるモノを目指しています。

無限という名のツリー

クリスマス商品の処分SALE!という最先端っぽい営業をしていますが、店主の意に反して売り切れ続出で当然のように品薄になってしまい、11月と12月のイベント出店はどうしましょうと早速焦っているのも最先端の証なのでしょうと自分に言い聞かせ頑張っています。

スウェーデンのデザイナーがスカンジナビアの森の木々をイメージしてつくった木製のツリー、クリスマスといわず通年で1020年と使ううちに滲み出てくるはずのビンテージ感を楽しんでいただきたいなと思っていますが、処分品の在庫はもう残りわずかになってしまいました。

その他、倉庫に眠っていたものなどちょこちょこ並べています。中には倉庫に眠っていたガーデニングに使うのすらためらうほどの秀逸デザインな日本製プラ椅子も在庫処分として出しています。

ハンドパワーツール

フィンランド創業の歴史あるフィスカース社のロッパー(太枝切りばさみ)は、いい道具だと思っています。

私がロッパーという両手ばさみにまず求めるのは、省エネで大きな力が出せるのと、とにかく丈夫なもの。直径3㎝以上の枝を両手でザクッとカットするためのはさみですから、切れ味については剪定ノコギリより良ければOKという程度で、花ばさみのような切れ味よりも切り離れの良さや長切れすることが大切だと思います。もちろん刃だけじゃなく、支点の構造やグリップ(柄)も大きな負荷に耐えられるだけの強度が必要で、こういったトータルバランスの面からもフィスカースやイギリスのスピア&ジャクソンといった海外では一般的なツールメーカーのロッパーでも充分に使える道具だと思っています。

あと、ロッパーは軽いものがいいですね。丈夫さを追求するあまり重くなってしまったり、軽さ重視で強度が足りないような残念なものもありますが、軽さと丈夫さにおいてもフィスカースやスピア&ジャクソンのロッパーはよくできています。

脚立や踏台を使わないと届かないような高さの枝をカットしたり、切り落とした剪定枝の枝払いや裁断をしたり、薪ストーブなどの焚き付け用にご購入される方も多いです。

当店の在庫はSALEでもう残り僅かになってしまいましたが、いろんなメーカーのロッパーを是非お手に取って軽さや感触などを試していただければと思います。

コケとインド

この夏はインド製造のファブリックが人気です。

というか、この店にある布製品のほとんどがインド製造品で選択肢が少ないだけかもしれませんが、当店に限っては今年特にコケとインドがグイグイと来ております。

アジアンでも北欧でもない独特のレトロな植物モチーフのテキスタイルだったり、目立たない部分の貝のボタンだったり、刺繍のムラや手刷りプリントのブレさえも楽しめるような懐の大きさも人気の理由だと自己分析しています。

そんな逸品をイベントにも持っていきます。「つばらつばらの夏まつり」と「チカホのハッピーマルシェ」では並べる量も品ぞろえも変えますが、インドのいいもの「印印良品」をSUMMER SALE価格のまま並べますのでどうぞご期待ください。

また、先日「発見タカトシランド」でご紹介いただいたおかげですっかり完売していたコケ、今回は小さなパックを数十個ですが、チカホのハッピーマルシェに間に合いそうなのでコケに合う土と一緒に持っていきます。

以前大人気だった多肉植物メセンは「つばらつばらの夏まつり」でも販売しますのでこちらもどうぞお楽しみに!

 

hand broom

ほうき草を使った税込500円ハンドメイドのほうきです。

全長は40㎝ほど。ササっと扱いやすく置き場所にも困りにくく、長いあいだ眠っていた女子力を揺すり起こしてくれるかもしれない見た目のトキメキ感もあるかどうかはわかりませんが、すごく人気です。

アウトレット品、残りわずか。