台所菜園

ガラス瓶の中で植物を栽培し収穫して食べる。そんなシンプルで小さなスプラウト栽培キットを紹介します。

専用の蓋を持つガラスジャーの中に種をばらっと入れて水を与え、しばらくは暗い場所、芽が伸びてきたら光に当てて1週間ほどで収穫です。スプラウトという植物の成長過程において最も栄養価が高いといわれる野菜の新芽までを育てて美味しくいただけます。

北海道の冬だってお構いなし、場所を取らず土も使いませんし、肥料も気負いも場所もテクニックもいりません。キッチンの流しの隅っこ、テーブルの上、机や本棚のブックストップとして置いてもいいでしょう。インテリア性もあるグラスジャーの中で育つスプラウトから何か新しい興味や趣味へのキッカケが発芽するかもしれません。園芸や植物を「苦手だから」と敬遠していた方もここからはじめてみませんか。

育てる喜び、手に取ってまじまじと鑑賞できる喜び、収穫して食べる喜び。こんなに素晴らしい園芸が短期間で身近にどなたでもできます。

説明書には書かれていない北海道ならではの注意点、栽培のコツ、応用編など店内でお知らせしています。あなたのお部屋に、大事な方へのプレゼントにもオススメの栽培キットです。

グラスジャースプラウト栽培キット(種子2袋入り)1,620円(税込)

※別売り専用種子(1回分)324円

※種子は無消毒の為、種子や種皮はそのまま食べられます。

※種子産地:アメリカ、フランス、イタリア、ニュージーランド(品種により異なる)

【添付画像はメーカー販促DATAより転用の栽培例です】

スプラウト

連休中の営業について

SW連休中は以下の営業日程となります。

19日(土) 通常営業

20日(日) 定休日

21日(月) 定休日

22日(火) 通常営業

23日(水) 通常営業

ここ札幌でも秋がはじまり、ガーデナーも庭の植物もちょっと一息つけられる時期になりました。これから植物は日照時間や気温差などの変化を読み取ってゆっくりと冬支度に入ります。

そしてこの時期は肥料や活力剤の与え方にご注意を。特に窒素分の与えすぎは植物の冬支度や落葉を遅らせてしまい、晩秋の寒波に対応できなくなる場合があります。

DSCN2166

苗の入荷

今日のミニ大通マルシェ用に仕入れたレモングラスと蘇鉄麒麟(ソテツキリン)、ユーフォルビア・パイナップルツリーとも言われる愛嬌のある植物です。

レモングラスは料理やハーブティーでもお馴染みで、ススキのように育つイネ科の多年草なのですが、耐寒性がないため秋に収穫(刈り取り)したら鉢上げをして明るい室内で育てます。

ソテツキリンは乾燥に強く、日当たりのいい室内に置いてあげれば育てるのは簡単。春から秋までの水やりは月に1回程度、乾燥気味に育てます。

管理方法、コツなどお知らせしていますので初心者の方もご安心ください。

【マルシェ特別価格(税込)】

レモングラスのポット苗380円、ソテツキリン(飾り鉢付)900円

DSCN5692 DSCN5695

植物用ハーバルミスト

鉢植えを部屋に置きたいけど虫が苦手・・・農薬は使いたくないし・・・

という方は多いと思います。植物を選んだり置き場や管理の工夫で虫を寄せ付けにくくすることは可能なんですがもうひとつの方法をお知らせします。

薬事法の絡みもあって確信的なことは書けずにメーカーの紹介文を転載しますが植物用のアロマスプレーです。

「抗菌水と天然ハーブ成分をブレンドしたアロマミスト。虫よけや除菌消臭効果の高いハーブの力で植物周りに不快な虫を寄せ付けにくくします」

店でも1年近く試していますが、これに殺虫剤や合成忌避剤のような効果はありません。でも予防として葉や表土にスプレーすると結構いい感じなのです。ブレンドされた数種の植物精油と抗菌水が効いているようです。

200mL 1,296円

DSCN5585

寄せ植え

今年は寄せ植えプランターの真ん中にナルコユリを植えてみました。

ちょっと窮屈かなと思いつつ、周りにアサギリソウやヒューケラ、ブロンズのリシマキア、ワイヤープランツ、グレコマを植えてそれぞれの成長と色や形を楽しもうと思っています。

たまにご質問をいただきますが、このテラスは1日を通して明るい日蔭、風通しはいいのですが毎年ハダニやアブラムシがつきます。

いよいよひどい時には農薬を使っていて、いつも「アーリーセーフ」というヤシ油由来の殺虫殺菌剤を300~500倍に希釈して散布しています。周辺環境も含めて比較的安心できる薬なのですが状況や方法によっては植物への弊害(薬害)もあり、注意が必要です。

「虫は嫌、農薬も嫌、でもどうしたらいいか誰に聞いたらいいかわからない!」とよく愚痴を聞きますが、何かアドバイスできことがあるかもしれませんのでご来店時にでもお気軽にご相談ください。

DSCN5472

テラスのプランター

ちょっと遅くなりましたが今年もテラスに植物を植えはじめています。

毎年お好きな方からご質問をいただきますが、今植えているのはアイビーゼラニウム「エレガンテ」というモミジ葉の斑入り種です。花は白~薄いピンク色、春・秋の2期咲きで花後の切り戻しをやってあげると長く花を楽しめますが、賑やかなカラーリーフなので葉だけでも場をパッと明るくしてくれます。下垂性のアイビーゼラニウムは寄せ植えにもオススメ。

その他、このテラスでお馴染みの大きな樽に植えている株立ちの「アオダモ」の下には越冬したワイルドストロベリーやハツユキカズラ、アルケミラなどがありますが、いい苗を見つけたらちょこちょこと寄せ植えしていこうと思っています。

DSCN5450

2周年記念

GWの目玉にしましょうと企んでGW直前から販売を開始し、GWを迎えるまでもなく見事に完売してしまった2周年記念ローズマリーの苗が先ほど再入荷しました。ええ、GWは昨日で終了していますとも。方法や見越しの甘さを反省をしながらも、大した目玉がないのにGW中は多くの方々にご来店とお買い物をしていただき、心より感謝いたします。皆さまありがとうございました。

ローズマリー約10種のポット苗、2周感謝の記念価格100円(税込)、もちろん前回同様、当店オリジナルトートご持参の方は無料です(お一人さま1鉢のみ)。

育て方は比較的簡単、アドバイスもしていますので初心者の方もご安心ください。

DSCN5451

ウスネオイデス入荷

サンタクロースの髭のような植物、エアプランツ(チランジア)の「ウスネオイデス」が入りました。まだボリューム小さめ、長さは40㎝程度というところです。864円

乾燥を好みますが水やりは必要です。大事なのは水やりしたあとで乾かすこと。霧吹きやソーキング(水に数時間浸す)した後は葉を広げたり風に当てて乾燥させましょう。

育てる場所は明るい室内、うまくいくと香りのいい花を咲かせてくれます。

 

DSCN5370 DSCN5380

水やりの難しさ大変さ

北海道ではもうちょっとだけ先の話なんですが、芽吹きの季節で忘れてならないのが水やりです。春は植物が休眠から覚め、芽が膨らんで葉が開きだして光合成をはじめると根からグビグビと大量の水分を吸収します。

植えたばかりの苗への水やりはなかなか忘れませんが、以前植えて越冬してくれた植物への水やりは忘れがち。落葉樹や宿根草はまだ青々していないからとつい油断してしまう気がします。特に鉢植えや根の浅い宿根草、植えて1~2年の根張りがまだ浅い樹木は要注意。

また、冬囲いをした常緑樹に多い例として、太陽光をあまり通さないムシロ(冬囲い用のコモ)で巻いたコニファーなどの冬囲いを外した直後、くすんでいた葉色でもまだしなやかさが残っていたはずなのに数日経ってみたら葉がカラカラになっていた・・・ということがないでしょうか。

これは突然太陽光を浴びた常緑樹のコニファーが光合成をはじめる為に沢山の水を吸収しようとするんですが、その際に必要な水分が確保できなかったケースが多いと思います。(凍害といって冬季の乾いた寒風によって葉の水分が奪われてしまうケースもありますが、この場合は冬囲いを外した際、既に葉がカラカラになっています)

水やりは園芸の中でも特に難しい作業だと思います。まずは土の状態や芽の膨らみなどを観察しつつ、必要な時期にたっぷりと与えてください。だんだん慣れてくるとそれぞれのタイミングやコツがわかってきます。

そして、水やりに活躍するジョーロやホース。

当店はホースの取扱いをしていませんが、お客様から「いいホースやホースリールを紹介して」とか「ホースを収納するのが大変」といった愚痴のようなご相談をいただく事があります。特に広いお庭をお持ちの場合、ホースの長さが20mや30m、それ以上になることもあり、扱いや収納方法などにご苦労されている方がとても多いようです。

ホースリールはホースを簡単に巻けて収納性も良く・・・という道具なのですが、意外と多いのがシーズン中はリールから伸ばしっぱなしで都度巻くのを諦めてしまうパターン。わかりますよわかりますとも、色々と大変なのです、ズボラな私ですからよーく分かります。

じゃあこのホース問題をどうしたらいいのか。この話はまた次回にでも。

SPRING2

緑の葉

みどり展でも販売しています青々とした梢。

勘のいいモンクールの店主さんは「お酒、ジンの香りの原料」とすぐわかったようですが(私は知りませんでした)、この梢の正体はJuniperus(ジュニペルスorユニペルス)と言いましてヒノキ科ビャクシン属の樹木の葉、アメリカ産の梢にプリザーブドという特殊な加工をしており、花材として色合いや柔らかさを長く楽しめるものです。

どうやらジンの香り付けは「セイヨウネズ」の実(ジュニパーベリー)が原料のようで、製造元に学名の記載はなかったものの、おそらくこの梢は近縁の「アメリカハイネズ」、「アメリカハイビャクシン」という樹木。日本の「ミヤマビャクシン」や「カイヅカイブキ」に近い品種です。アメリカハイビャクシンという樹木は日本でも流通しており、コニファー好きな方にも人気の矮性種。やや青みがかった葉が特徴の「ウィルトニー」などの品種があります。

販売しているこのコズエ、一輪挿しや空き瓶などに入れて葉の瑞々しさを楽しんでいただきたいなと思っております。

DSCN5145