momiji|雑貨・ガーデニングツール ・ 園芸用品 モミジ 

momijiは札幌のミニ大通で世界中のセレクト雑貨とフローリストツールとガーデニング用品を取り扱うショップです。

TEL/FAX 011-215-0075

〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西13丁目1-27 ナムズビル2F

11月

GREEN EXHIBITION

だいぶ先の話ですが来年1月27日(火)から2月7日(土)まで、近所の美味しいパン屋モンクールさんの壁などをお借りして「モミジのみどり展」を開催いたします。(当店の方でも通常営業しています)

「植物関連の道具」「みどり色のもの」「植物由来のもの」「何ですかこれ?」というようなものまでを展示販売する予定で、普段は店にないものもご覧いただこうと思っています。

とはいえ、これから作品やチラシなどの準備制作をしていきますので、詳細はまた改めてお知らせいたします。

モンクールさんをまだご存知ない方がいらっしゃいましたら素敵なお店と美味しいパンを是非ご賞味ください。

チラシ2

パームブラシ

ラバーブーツやガーデンツールを洗ったり、エクステリアの掃除用としていくつか販売しているブラシ。これはパームヤシの天然ブラシです。

毛はシダ材などと比べると柔らかめ、しなやかなのにコシがあり水含みもいいのでウッドデッキやテラスなどの床掃除にも適しています。でも丁度いいなと思うのが布地ソファのブラッシング。部屋にポンと置いてあっても様になるところがいいですね。

W17×D7×H19cm 864円

 

3247146_0

チェーンフック

インドでつくられているアイアンのチェーンフック。

これまで特に販売はしていなかったんですが、店内備品のチェーンフックを欲しいとおっしゃる方が意外に多く、それならキチンとしたいいものをと探していました。

ハンギングアイテムの長さ調整やディスプレイ用にもいいですね。

全長は約43㎝、チェーンの長さは約33㎝。留め・継ぎ目もしっかりしていて、いわゆる「飾り」ではなく「吊る道具」であり、仕上げの良さからも素晴らしい手仕事の技とプライドが感じられます。チェーンタイプはリンク型で2種類あります。各1,080円

DSCN4747 DSCN4748

日用のいい品

「荒物」や「雑多品」というとどこか雑で安っぽい雑貨と思われる気がしなくもないんですが、国内外で見かける「歴史が積もった荒物雑貨屋さん」に雑なものはなく、カゴやザルや洗面器にホウキ、ハタキなど諸々、なんなら民芸品の匂いを漂わせながらも気兼ねなく使える「日用品」を沢山見つけることができます。当店では道具と雑貨を扱う店とうたっていますが雑貨部門で目指しているのはそんな荒物雑貨屋さんが扱うような日用の逸品です。

既にご好評いただいていますが、品質と価格、色味にこだわったホーローの食器やアルミに焼き付け塗装した洗面器などの荒物が入荷しています。日用品としてのご使用はモチロン、当店としては園芸道具・花器・インテリアとしてのご使用もさりげなく促しています。

用途にとわられない使い手の想像力次第で更に旨味が増す、そんないいものばかりです。

DSCN4732 DSCN4746

庭に小鳥を

庭をつくっていた頃から「小鳥が気にいる庭はいい庭だ」と思っていまして、じゃあどうやって小鳥を呼ぼうかと試行錯誤することが時々ありました。

実のなる木や枝ぶりがいい木を植えれば小鳥が来てくれるなんて、商売と同じく世間はそんなに甘くありません。

入りやすく出やすい開けた環境、落ち着く環境、餌やSALE品など何かしらいい事がある環境。もちろん環境を整えるだけじゃなく、小鳥たちに知ってもらえるよう宣伝も必要でしょう。当店ももっと頑張ろう。

まずは餌付け。バードフィーダーや餌台、枝に挿した果物などでお客さまを、いえ小鳥を呼び寄せ、「あの庭には餌があるよ」と彼らの口コミを期待します。この際、あまり大きな餌台などは使わず、小鳥がやっと止まれる程度の小ぶりなバードフィーダーや餌台がオススメ。カラスやムクドリなど小鳥が嫌がる大型の鳥ばかりが集まってきては小鳥の評価も下がってしまいます。

天然の餌が少なくなるこれからの時期から餌があると認識させ、だんだん庭に来ることに慣れてきた次のステップで巣箱を置いてみるといいようです。

当店の小鳥を呼ぶ道具・グッズ。インテリアやディスプレイ用に購入される方が多いんですが、どれも庭で使えるものばかりですのどうぞチャレンジしてみてください。

 

DSCN4779

カシミール刺繍

店の内装をつくる際にイメージしていたのが「イギリスの都市部からちょっと離れた所にある女性ガーデナーの作業場」。実際に見たことはないんですがほぼ想像だけでつくった店です。

その際、アチラの雑誌やインテリア本を参考にしていたんですが、気付いたのは昔ながらの英国らしい内装・インテリアに少し異質なエスニック風のものをアクセント程度に配置している写真をよく見かけました。

イギリス本土にはインド移民も多く、その方々が色々な商売をされていてモチロン雑貨屋も沢山あります。そこで扱っているインドの民芸品や生活雑貨などはヨーロッパ人にとって斬新でエキサイティングなものなんだと思いますが、それぞれの国の伝統や文化の端っこなどを上手な割合で組み合わせているオシャレさがニクイなぁと軽く嫉妬していた次第です。

当店もインドのいい一粒を見つけました。

カシミール刺繍のラリーキルトランチョンマット(42㎝×32㎝)です。全て手仕事、コットンの余り布を継ぎ接ぎしていますが、色の組合せも素晴らしく、縫製もしっかりとされています。

テーブルの上、靴箱の上、壁に張ってもいいですね。派手さより上品ささえ感じます。

880円

DSCN4711 DSCN4727

タイのツボ

東南アジアの何処かを歩くと何処かしらで出会うのが道端の屋台。炊飯や焼き鳥や魚醤にパクチー、ミントなどの混沌としたいい匂いと活気が相まってホッとする風景であり、私は大好きなのです。

その中にサラダ専門の屋台があります。ベトナムにもインドネシアにもあったと思いますが有名なのはタイのソムタムという青パパイヤのサラダ。そしてそのソムタムをつくるための壷を実はここ札幌の小さなこの店で販売しています。

本来はニンニクや唐辛子、パクチーなどをすり潰し、パパイヤを入れて混ぜる道具。

手頃サイズのぼってり厚みのある鉢カバーを探していまして、形・風合いともに理想の鉢を見つけたのがたまたまソムタムの壷だったわけです。

ソムタムはタイ料理ですがこの器が作られているのはインド。

φ19×H18㎝ 2,160円

 

 

DSCN4647 DSCN4688

道具のはなし

おかげ様で園芸や造園やらのご相談を沢山いただけるようになりました。その中でも多いのが園芸道具についてのご質問。「正しい使い方」「メンテナンス・修理」についてのご質問がほとんどです。

一般の販売店では園芸や道具の専門家を配置していないはずですし、そういうことがキチンと書かれた園芸道具の専門書も存在すら聞いたことがありません。わからないことだらけで当然ですよね。

誰も書かないのなら自分がやるかな、うーん面倒くさいな、なんて思ったり思わなかったりしつつ、まずは身の回りが大事とお客さまからご質問をいただく都度、できるだけ丁寧に答えていますのでプロ・アマ問わずお気軽にご質問ください。私自身は師匠や先輩や農具屋さん鍛冶屋さんなどに教えていただいたことを自分の中で噛み砕いてまとめた程度のものなんですが、なにかのご参考にでもなれれば嬉しく思います。

話しに戻り、道具のご相談で多いのはハサミ。切り方や切れ味、メンテナンスの他に「手が疲れる」「手が痛くなる」というご相談もあります。

ハサミを選ぶ大事なポイントはまず手に合うものだと思っておりまして、当店ではFELCOなどのパッケージに入っているものも含め、全てのハサミを強盗以外の方へのみ実際に手に取ってサイズや感触などをご確認いただけます。

また、大事にしているハサミの調子が悪いときはどうぞお気軽にお持ちください(当店でご購入されていなくても大丈夫です)。状況によっては販売店やメーカー対応を勧めますが、そこまで至らない程度のハサミも多く、簡易的なメンテナンスで解決する場合があるのです。

長く使える道具はいい道具。長く大事に使ってあげてこそ、本当にいい道具になっていきます。

DSCN4606

限定レターセット

SAB LETTERPRESSクリスマスレターセットの新作が入りました。

活版印刷でここまでできるのかと素人ながらに驚く緻密な線画。こだわりのある厚手のコットンペーパーと黒・金の2色刷りでできています。

シンプルなのに暖かく、上品で洗練された「ワンランク上」のクリスマスカードです。

432円(数に限りがございます)

DSCN4577

南の島に思いを馳せて

古くなり解体された船舶材でつくられた鉢カバー・花台です。一つとして同じものはありません。

国内の花器・鉢カバーメーカーによるものなんですが、船としてどの国でいつ頃活躍していたのか。砂や潮にもまれたPOPなペイントを見ると、きっと赤道付近の国で真っ黒に焼けたお父さんたちが繰り返しペンキを塗っていたんじゃないでしょうか。

船舶材、重さ、小口の木目から判断するとおそらく木材はクスノキ科の「ウリン」。ウッドデッキなどエクステリア材としても使われる高価な木材で硬く重く、大工さんや造園家泣かせの木材。高い耐水性、耐久性です。

花器・花台としてはもちろん、重く安定しているのでロングツールを収納したり、傘立てにもいいですね。傘を詰めると15本ほど入ります。

花器やインテリアとして使うには難しい色合い・イメージと思われるかもしれませんが、粗く重たい印象でどっしりとした安定感があり、妙な奇抜さ・派手さを感じさせません。グリーンとの相性もよく、モダンやウッディといったインテリアにも似合うとと思います。

外寸200×200×450、内寸165×165×430() 14,040

DSCN4551  DSCN4552 DSCN4558