momiji|雑貨・ガーデニングツール ・ 園芸用品 モミジ 

momijiはセレクト雑貨とフローリストツールとガーデニング用品を取り扱うショップです。

TEL/FAX 011-215-0075

〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西13丁目1-27 ナムズビル2F

05月

Lee Work Wear

先日の母の日はギフトとして多くの方々にたくさんのお買いものをしていただき、ありがとうございました。

そして6月21日は父の日。オススメは母の日でも人気だったLeeのエプロンです。

デザインはもちろん、機能性や耐久性も優れており、普段エプロンをしない男性にこそ着けてもらえたらいいなーと思います。腰紐を結ぶと見た目も気持ちもキュッと締まりますよ。4,320円~

(秋頃に予定されているモデルチェンジ等の関係でメーカー在庫切れ・欠品のものが多くあります。売り切れの際はご了承ください)

 

Lee

植物用ハーバルミスト

鉢植えを部屋に置きたいけど虫が苦手・・・農薬は使いたくないし・・・

という方は多いと思います。植物を選んだり置き場や管理の工夫で虫を寄せ付けにくくすることは可能なんですがもうひとつの方法をお知らせします。

薬事法の絡みもあって確信的なことは書けずにメーカーの紹介文を転載しますが植物用のアロマスプレーです。

「抗菌水と天然ハーブ成分をブレンドしたアロマミスト。虫よけや除菌消臭効果の高いハーブの力で植物周りに不快な虫を寄せ付けにくくします」

店でも1年近く試していますが、これに殺虫剤や合成忌避剤のような効果はありません。でも予防として葉や表土にスプレーすると結構いい感じなのです。ブレンドされた数種の植物精油と抗菌水が効いているようです。

200mL 1,296円

DSCN5585

パッカブルブーツ

くるくると丸めて持ち運びができるフランスブランドLe Chameauのラバーブーツです。

軽くて柔らかく、脚によくフィットし素足感覚で履けるルシャモーのハンドメイドブーツはしゃがんでも長時間履いても負担が軽く、丈夫なこともあって世界中のガーデナーに愛用されています。

コンパクトに持ち運びができるため、郊外にある市民農園やガーデンワークショップにも重宝しますが、欧米ではセレブが履く長靴としても有名なようにファッション面でも非常に評価の高いブーツです。

12,960円

DSCN5567

小さな器

庭の奥の隅の小さな花、剪定した観葉植物の葉、いただいて時間が経った花、ドライフラワーのカケラなどなど、見過ごされたり捨てられてしまう前に皆さんの感性でスポットライトを当ててもらえたらとブリキとホーローの器を揃えています。

手の平サイズのホーローカップはたまに数十個ずつ入れていますが、その都度すぐに売り切れていく人気のカップです。アンティーク処理されたシックなグリーン、もちろん余計な装飾や印刷もありません。ビビットカラーの花や濃いグリーンとの相性がいいですね。

こちらも人気のブリキ箱、園芸メーカーがつくったもので、しっかりと曲げ・留めがされており、一応は簡易防水なのですが水を張るよりも乾燥好きな多肉植物やエアプランツを活けたり、ドライフラワーや小物、カード立てにもオススメです。

180円~。

DSCN5518 DSCN5545

ロスのシザーホルダー

ロサンゼルスのツールバッグメーカー、HERITAGE LEATHER(ヘリテージレザー)のハサミ入れが入荷しています。しなやかで頑丈につくられており、使うほどに味わいや愛着が増していきます。

このての商品は男性的でハードな印象が持たれがちなのですが、このホルダーのシンプルで柔らかなデザインは女性からもご好評をいただいています。

ベルトループとボタンフックループ付きですが、ツールポケットにケースごと固定して使うのもいいですね。

W8cm×H24cm 3,024円

 

heritage leather

シェフィールドのハサミ

イギリスでは鉄の街(STEEL CITY)として知られるシェフィールド。かつては刃物や銀製品の製造で栄えた街なのですが、産業革命以降は鉄鋼業が衰退し、イギリス国内はもとよりシェフィールドに多くあったハサミメーカーも閉鎖していきました。そして現在、イギリス国内に残るメーカーは2軒のみ。その1軒がシェフィールドにある1902年創業のアーネストライツというハサミメーカーです。

熟練の職人さんが1丁1丁ハンドメイドでつくるアーネストライツのハサミは園芸家だけでなく、紙きりや服飾などあらゆるジャンルで愛用され続けている最高品質のハサミです。

私なりの考えですが、ハサミづくりのノウハウを持つ「ハサミメーカー」がつくるハサミは軸(支点)に大きなプライドを感じます。鋼材や焼入れ・刃入れももちろん大事なのですがこの軸こそがハサミの核であり、ここがしっかりとつくられているハサミが長く「使える」いいハサミだと思っています。

そして見た目にかわいいこのアーネストライツの園芸バサミもしっかりとした「使える」ハサミ。ハンドルの内側でバラなどのトゲ取りができたり、切り花に便利な枝割り機能も付いていて「さすがですな!」と納得させられます。

小さくて携帯性がいいので草花のメンテナンスなど庭使いはもちろん、ワークショップなどの外行き用にもいいですね。

錆に強いステンレス製 2,376円

 

 

DSCN5503 DSCN5498

ポット入荷

カリフォルニアのポット&ソーサーです。

均一な厚み、面取りなどの仕上げ、そして形も色もどれをとってもクラス最高品質だと思っています。

プランターや鉢カバーとしてはもちろん、確かなクオリティとこの意匠性からドライのままインテリアの一部として使われる方も増えている気がする素晴らしいポットです。

momiji取扱い品 (11)

寄せ植え

今年は寄せ植えプランターの真ん中にナルコユリを植えてみました。

ちょっと窮屈かなと思いつつ、周りにアサギリソウやヒューケラ、ブロンズのリシマキア、ワイヤープランツ、グレコマを植えてそれぞれの成長と色や形を楽しもうと思っています。

たまにご質問をいただきますが、このテラスは1日を通して明るい日蔭、風通しはいいのですが毎年ハダニやアブラムシがつきます。

いよいよひどい時には農薬を使っていて、いつも「アーリーセーフ」というヤシ油由来の殺虫殺菌剤を300~500倍に希釈して散布しています。周辺環境も含めて比較的安心できる薬なのですが状況や方法によっては植物への弊害(薬害)もあり、注意が必要です。

「虫は嫌、農薬も嫌、でもどうしたらいいか誰に聞いたらいいかわからない!」とよく愚痴を聞きますが、何かアドバイスできことがあるかもしれませんのでご来店時にでもお気軽にご相談ください。

DSCN5472

絵になるパン画廊

近所の「うつわ、こまもの コウゼ」さんで開催される気になるイベントのお知らせです。【以下、フライヤーより抜粋】

「イラストレーター・笹原由子さんの水彩画や、ほんわか、おいしそうなパングッズが並ぶ「絵になるパン画廊」。これまで2回行われた東京・青山での展示に続き札幌での特別編です。笹原さんの水彩画ワークショップも開催します。」

場所:うつわ、こまもの コウゼ(札幌市中央区北1条西18丁目1-52ギャラリー市田ハイツ102)

展示期間:5月21日~31日(25・26・27日は定休日)

ワークショップ:5月23日(土)・24日

詳細はコウゼさんのブログ・FBをご確認ください。

コウゼブログ

コウゼFACEBOOK

そしてそのコウゼさん、ブログ・FBにも書かれていますが6月末で閉店されます。ずっとお世話になっていた側としても一ファンとしても寂しく名残惜しいのですが、その先の動向も気になって仕方ありません。

残り1ヶ月と少し。ただでさえ個性的なコウゼさんが脱皮寸前に魅せるレア営業と企画を是非お楽しみください。

 

05201520150512

掲載情報

北海道新聞夕刊に折り込みの女性向けフリーペーパー「オントナ」に当店のご紹介をいただいています。(道新プレイガイド、道新文化センター、北海道マイホームセンターで無料配布中)

ライターの方をはじめ、製作に関わられた皆さま、ありがとうございました。とても魅力的にこの店をご紹介をいただいていますが「魅惑のパンケーキ特集」もたまりません!

毎回素敵な情報が満載のオントナを是非ご覧ください。

DSCN5468