シールはがし

もう秋ですね。皆さま、お元気でしょうか。私の方はとても元気、今はmomijiとして発売する商品のデザインを外国に登録するための準備を進めています。

それとは関係なく、今日は、たまにご相談をいただく「シールはがし」について、私なりの方法をお知らせします。

メーカーのロゴや品質表示が印刷されたシールが上手くはがれない、はがしても糊でベタベタするというようなことってありますね。日本のメーカーが使っているシールはベタベタしないものが多いようですが、輸入品に貼られたシールの中には、そうじゃないものが多いようです。

市販のシールはがし剤やドライヤーの熱を使ってベタベタを取ろうとするのは面倒だし大変、という声も聞きます。そういう面倒で大変なシールが接着されたガーデニングツールをたくさん販売してきた私は、実は次のようなことをしています。


ブラシの木製の甲にバーコードが印刷されたシールが貼られています。

シールを剥がすと糊が残り、ベタベタしています。
そこで私が使っているのは「レモンオイル」という液体です。ギターなど弦楽器を販売する楽器店で安い物だと600円程度で販売されています。ギターやベースやウクレレの指板といった人の手が頻繁に触れる木部の汚れを取るためのオイルです。
布やキッチンペーパーに2~3滴しみ込ませて、
軽くゴシゴシとふき取ります。
糊が取れてベタベタしなくなりました。オイルを浸して放置したり、北海道の人でしたら「うるかす」必要がありません。ささっとふき取るだけで、大抵のベタベタはきれいにふき取れます。
このオイル、いつも数滴しか使わないので全然減らず、容量50cc程度を消費するのに数年かかるほどコスパも良いです。
以上、ご参考まででした。
糊だけじゃなく、テーブルなどに付いたソースやインクなどの油分汚れにもこのレモンオイルは効果絶大ですが、塗装や金属の保護被膜に悪い影響を及ぼす場合があるため、貴重品など大切なものにはおすすめできません。また、私の場合は素手で使っていますが、肌の弱い方はビニール手袋などをお使いください。
以前、柑橘系の果汁でも効果があると聞いて試したことがありますが、このレモンオイルほどの即効性はなかったように思います。