苗の販売

現在店頭で販売しているのはグリーンドラムというプクッとした厚みのある丸い葉が特徴の多肉植物です。

9㎝ポット680円で限定販売中。

このグリーンドラム、根張りが少なくて乾燥に強く、インドアグリーンとしてオススメの植物です。

育てるポイントは水をあげすぎないこと。明るい窓辺に置くこと。

水やりは春~秋は20日に1回水をたっぷり、冬季は月に1回程度と簡単な水やりの説明書をお渡ししていますが、あくまでも参考目安なので、実際には植物の様子を見ながら、それぞれの環境に合った水やりのサイクルを知っていただくのが大事です。

植物の様子とは植物からの様々なサインであり、サインを見てから対応するのがオススメ。お腹が減らないのにご飯を食べさせられ、喉は潤っているのに水を飲まされるのは植物だって不本意です。

・葉に皺が出て厚みがなくなってきた。

・新芽の茎がしんなりしてきた

この2つは植物が水を欲しがっている可能性が高いです。その際は鉢底から水が出る程たっぷりの水を与え、こういう状況になるスパンを覚えておく必要があります。お部屋の日当たりや室温、湿度などによっては水を欲しがるのが春夏でも月に1回未満かもしれません。

・全体の葉色が濃いグリーンから黄緑に変わってきた

これは日照不足か肥料不足の可能性が高いです。置き場の日当たりがよくない時は明るい窓辺や夏季なら屋外に移動するか、数ヶ月以上肥料を与えていない場合は薄めの液肥を与えます。

・葉がプックリしたままポロポロ落ちる、茶色くなってきた

これは水の与えすぎや寒さによるものかもしれません。水や肥料を与えるのを止めて養生させる必要があります。葉が落ちなくなったり新芽が出てきたらまた水やりを開始します。冬季、暖房を切って室温が5℃程度までの室内でしたら問題はありませんが、それ以下になるようでしたら暖かい部屋に移動してください。

以上は参考としての一例ですが、植物の静かな訴えを見逃さないように愛情をもって観察してあげればどなたでも長く育てることができます。

尚、今後の販売種類として世界中の珍しいバジル苗や小さなソテツなどを予定していますが、あまり大量には確保・販売しませんが、育てやすくて珍しい植物をお探しの方、少しだけご期待ください。

 

DSCN3371 DSCN3368