HOME

人とみどりをつなげるモノとコト

新しいハサミ

新しいハサミ

新たにお取引させていただく事になった新潟県三条市の若狭屋SYU,OLMAシリーズのハサミが増えました。現在取扱いの他社ハサミと同様、店主が本職の頃から使ってきてオススメしたいと思っていたハサミです。

ラインナップのいくつかを紹介します。

OLMA(オルマ)

価格も手頃、手によく馴染む黒い樹脂グリップと錆びや摩耗に強いハードクロームメッキ仕上げの刃が特徴です。手に持った感じは意外と軽く、長時間の使用でも疲れにくい特徴がありますが、硬めの鋼材(刃)としっかりとした支点で安定感も充分です。剪定から草花メンテ、生花までオールマイティーに使え、ガーデニングにもフラワーアレンジにもオススメです。2,268円~

DSCN4139 DSCN4130

SYU(シュウ)フラワーブルーナー

特にフローリストとバラ愛好家の方にオススメしたいハサミ、枝切鋏と花鋏のいいとこどりをしたようなスタイルです。日本古来の鋳造技術でつくられた粘りを感じる高炭素鋼材とハマグリ刃の組合せは耐久性に優れ、とても長持ちします。そしてナイフでカットしたようなシャープでスムーズな切れ味は水揚げや切り口の癒合にもいい影響を与えます。グリップは本革張り、滑り止めだけじゃなく鉄の冷たさや衝撃も緩和してくれる高品質のハサミです。6,264円

DSCN4134 DSCN4137

話しは変わりますが、当店ではハサミ(道具)相談を随時受け付けています。中でも多いのは「ハサミの切れ味が悪くなった」というご相談なんですが、その殆どが刃の汚れ(ヤニや接着剤など)や使用方法の間違いによるもの。

硬い枝は刃元で切り、使い終わったら刃の汚れを拭き取る、この2点さえ気を使っておけば今まで以上にハサミは長持ちします。

また、当店取扱いのハサミは「実用性と耐久性、見た目と手頃な価格」を重視して選んでおり、ブランドやスタイルはバラバラなんですが、それぞれに特徴があって切り方のコツやメンテナンス方法もまたそれぞれ変わります。

ご相談も含め、詳しくは店内でお気軽にお問合せください。初心者大歓迎です。

« »