HOME

人とみどりをつなげるモノとコト

ハンギングバスケット

ハンギングバスケット

アバカというバナナに近い植物の繊維を色染めしてしっかりと編んだバスケット。国内ではマニラ麻や糸芭蕉とも呼ばれますが、船舶用ロープとしても長く使われてきたように強靭で高耐久の繊維質です。落ち着きのあるアースカラーはインテリアにも馴染みやすく、植物やドライフラワーとの相性もいいバスケットです。

鉢カバーとして懸崖5号鉢まで入り、吊り紐の先端はループ状になっていてフックなどに掛けて使いますが、植物を入れる場合は水をあげた場合に更に重みが増すことも考えておく必要があります。

壁や天井にフックが付けられなくてもコートハンガーに掛けたり、小物入れとしても使い勝手が良くて人気です。

【直径22×H20㎝、バスケットから紐の先端までは80㎝】

3,780円

ハンギング

« »