富山の名品

百貨店やメディアでもお馴染み、富山県高岡市の鋳造メーカー「能作」の鋳物製品をいくつか紹介します。

・雷鳥のはしおき

DSCN6071

富山県の県鳥である雷鳥をモチーフにしています。本錫と真鍮のセットで春夏の姿は真鍮、秋冬を錫で表現しています。テーブルや棚にちょこんと置いてあるだけで食卓やお部屋が華やかになりそうです。

サイズ:H33 W50 D21 箱付2個セット3,780円(税込)

・本錫の片口とワイングラス

DSCN6047

花をモチーフにデザインされたワイングラスはフランスのSylvie Amar Studioとのコラボレーション。

2サイズあり、Sは約40ccサイズで5,400円、Lは約80ccサイズで7,020円、片口は能作オリジナルデザインで170ccサイズ5,400円です。ワインに限らず日本酒を注いでも花を活けてもいいですね。

金・銀に次ぐ高価な錫は古来から酒器や茶器として使われてきました。酸化変色に強く、お酒や飲料水を注ぐと味がまろやかで美味しくなり、花を活けると錫の抗菌作用によって切り花が長持ちすると言われています。(能作の錫は純度100%の本錫です)