現在、札幌芸術の森美術館で絵の中の森と樹の展覧会が開かれています。

札幌芸術の森30周年記念

フランスの風景「樹をめぐる物語」

-コローからモネ、マティスまで。絵の中に生きている森へ―

2016年7月9日(土)~2016年8月21日(日)まで

札幌芸術の森美術館(会期中無休)

木や草や花や畑や森や原っぱや直接でも間接でも、植物に関わる生活やお仕事をされている人は大勢いらっしゃいますが、その中に絵描きさんもいるのをふと思い出しました。みんなバラバラなように見えて、実は同じベクトルを向いている気がしていて、私としては表に出さない仲間意識をこそっと持っていたりするのです。

展覧会にご興味がある方はフライヤーと割引券を当店でも配布していますのでどうぞお持ち帰りください。

尚、会期中は芸術の森の中でツリーウォッチングや森のスケッチ体験などができて、夏休みの自由研究にもってこい!なのかもしれない可能性がありそうな気がしているのと、木や葉っぱが掛かれた服やアクセサリーを身につけて行くとドレスコード割引が適用になります。

詳細は芸術の森美術館HPをご覧ください。

樹をめぐる物語芸術の森美術館HP

カテゴリー: eventnotice

jaJapanese
jaJapanese