夏の水やり

さっきFACEBOOKにも書いたんですが、勘違いから植物をダメにしてしまう要因のひとつに「水やり」があります。

特に今のような夏日、園芸本や園芸家の人から見聞きした「暑い時間帯に水やりをすると植物を傷めてしまう」というおしえを忠実に守り、朝の水やりを忘れてグッタリとなった植物を前に、涼しくなる夕方まで水やりを待ってしまった為に枯らせてしまうケースがあります。

真夏、屋外に放置されたホースやジョーロの中に溜った水が熱湯のようになっていることがあり、確かにあんなお湯を植物に与えるのはもっての外。しかし同じく暑い日の昼間、土に水をまいても土に浸透していく水分はそう簡単にお湯にはなりません。水分が表面に留まらず、土壌の深くまで浸透しているのと、大小の粒子の集まりである土壌の中で熱がうまく分散されるからです。

どこかの灼熱の国、昼間のスコールの度に植物が枯れたなんて話も聞いたことありません。

じゃあなぜ真夏は昼間に水をあげたらダメと言われるのか。おそらく次の理由があります。

・前途のようにホースやジョーロに溜ったお湯を誤って与えるリスクを避けるため

・鉢植えの場合は限られた容積と置き場の素材によって熱の逃げ場がないため

・葉に水が溜ると、そこに光が当たって虫メガネで紙が焼けるようなレンズ効果による葉焼けを避けるため

この3点に警鐘を促しているのかなと思っています。

なので、ジョーロやホースを使う場合には中がお湯になっていないことを確かめ、鉢植えなら日蔭に移動してあげて、葉には水がなるべくかからないように根元にだけ水をあげるか、もし葉に水がかかっても優しく振るってあげれば大丈夫です。

根から水分を吸わせる為の水やりは朝一がベスト。そして夕方は熱くなった葉の温度を下げてあげる意味で葉っぱに水をかけてあげると植物は喜びます。そして朝寝坊しても昼間に水をあげていいんです。

特に鉢植えなんですが、水やりを忘れてグッタリとなった植物の茎がまだ緑色をしていたら、あきらめないでたっぷりと水を与えたり、鉢ごとバケツの水の中に1時間ほど浸してあげると復活する場合もあります。

短い文章、短い時間などの言葉足らずが原因で正確に伝えきれない事は私にも山のようにあり、それが勘違いの元になってしまうことも多々あるんですが、たまーに誰かが言っていた言葉を単に右から左に伝えるだけの自称園芸家、どこかで読んだ文章を転載しているだけのような園芸本らしきものを見かけます。理由と結果、ちゃんと自分で調べないといけませんな。

グリーンそしてサマー

暑い夏が続いております。

本州に比べたら札幌の暑さなんて〇〇みたいなもん!チャンチャラおかしいわ!!と言われるかもしれませんが、札幌も夏はそこそこ暑いです。

東京や大阪あたり、大都市特有のネチネチとした暑さとは違い、九州出身の私が国内で特に暑いと思えたのは沖縄ではなくて実は高知県。そりゃもう暑いより痛い!ハバネロパウダーのような太陽光が普段一切のケアをしない肌に当たって「チリチリ」という美味しそうな音をたてていた感覚です。

さてこんな時、植物はどうしてるんでしょうか。

植物だって暑いのは嫌。植物は光合成に必要な可視光線が大好物だけど熱は苦手です。なのに太陽に向かって葉を広げていられるのは、葉の裏にある「気孔」から水分を蒸散させ、気化熱によって葉の温度を下げているからなんです。これは人が汗をかくのと同じ機能。

つまり植物は暑い時ほど根から大量の水を吸い上げて葉から出していますので、できれば暑くなる前の時間、朝方に水分を与えましょう。

木陰が涼しいのは単に太陽光を遮っているだけじゃなく、周辺温度を木が下げてくれてたんですね。

DSCN1126

図鑑

たまーに、数年に1度くらい「植物図鑑は何を見てますか?」と質問される事があります。

実は図鑑好きで、本屋に行くと図鑑チェックが欠かせません。特に植物図鑑では自分なりのコダワリがあって、

①写真ではなくて絵がよろしい。

②葉や花のアップだけでなく、全景があること。

③葉や花がどういう様に枝についているかがわかる詳細な図(写真)であること。

④説明書きは簡潔でいて且つ「植物あるある」の一言も入ってること。

これらを自分なりに「いい図鑑」としての最低基準にしています。実践でも使えながら、暇なら読み物としても飽きさせない図鑑。

北海道には特有の植生があり、ここで使える図鑑は地域限定のものとなりますが、私がずっと使っているのが亜瑠西社の「北海道樹木図鑑」です。②~④までほぼクリア、ただ、絵ではなくて写真なのが残念。

その他、痛快牧野富太郎博士の「原色牧野日本植物図鑑」や苅住曻先生の「樹木根系図説」、東北大出版の「日本植物種子図鑑」といった怪著とも思えるような、専門書としても読み物としてもアートとしても素晴らしい至高の作品があります。

あと、詳細は忘れましたが、昔見た「ネジ図鑑」らしき本がとても素晴らしかった覚えがあり、ここ十数年探しています。(アマゾンには無し)

コンパニオンプランツ

2つの違う植物を一緒に植えると植物どうしが協力しあって害虫を予防したり、沢山の実をつけたり美味しくなるという考え方があり、この組み合わせを「コンパニオンプランツ」といいます。もちろん、仲が良くない植物の組み合わせもあるのですが、相性のいい植物どうしをうまく組み合わせると栽培がまた一つ楽しくなります。

この考えは化学的というより、農家や園芸家の間で古来より語られ、引き継がれてきた経験によるところが多いのですが。

例えばトマトとバジル。

イタリアンではポピュラーな食材どうしですが、この2種類を同時に栽培するとお互いに引き立てあい、悪い虫を寄せ付けず美味しくなるとイタリア人は言い、世界中で実践されています。大き目のプランターにトマトの苗を植えたら、その横にバジルの苗を植えるだけの簡単さです。

その他、ラディッシュとネギ、レタスとパクチー、オレガノとキュウリ等々、良い組み合わせが沢山あり、ネットで「コンパニオンプランツ」と検索できますのでご参考までに調べてみると面白いです。

多くの植物は「アレロパシー」という生理機能を持っていて、本来は自らを守って成長する為に、花、葉、茎、根から放出する物質で害虫や他の植物を近くに寄せ付けない防衛機能があるのですが、これがたまたま良い方向に作用しあえる相性があるのではないかと思っています。また、インゲンやクローバーといったマメ科植物はある「菌」と共生していて、この菌が他の植物にも有効な養分を作ってくれたりもします。身近なところでバジルやミント、ネギの匂い、桜餅や柏餅の葉の匂い、マリーゴールドやナスタチウム、ヒバやヒノキの独特の匂いといったものもアレロパシーの一種で、もちろん人に害はありませんのでご安心を。

最後にラベンダー、ローズマリーは農作物全般との相性が悪いです。我が強く、他の植物を寄せ付けたがらない性格なのです。

DSCN0862